GUIDE

冬のイルミネーションなど防寒コーデや持ち物について

各地でイルミネーションが開催され、夜景が美しい季節になりました。
家族や友人とのおでかけや、恋人とのデートなど、ロマンティックな雰囲気に心おどる季節ですが、この時期は夜の冷え込みが気になる季節です。

寒さ対策として着込みすぎるとスタイルがくずれてしまうもの。
そこで冬のお出かけにはどんな服装がいいのか、またおでかけ時に持っておくと良いものなどご紹介します。

イルミネーションを見る服装

冬の夜の服装は?

すっきりと魅せたい気持ちもありますが、コーデにこだわった結果、寒さのあまり体調を崩しては元も子もありません。冬の夜を最大限楽しむためにも、無理はせず防寒対策を兼ねたオシャレを心がけましょう。

1.コート・上着

冬コートの定番は、ファー付きコート。ふわふわした素材は、イルミネーションを背景に写真を撮る時に「映える」アイテムなので、取り入れたいところです。寒さが気になる方にはダウンコートがオススメですが、シルエットや着ぶくれが気になる方には、コートの下に薄手のダウンジャケットを重ね着してはいかがでしょうか。

また、冬はシックな黒や濃いめのグレーを選ぶ人も多いですが、夜はまわりも暗いため、背景と同化せず写真映えする明るめのコート、特に合わせやすいベージュや明るめのグレーがオススメ。黒系コートには、ストールや小物類をアクセントに取り入れましょう。

2.頭・首まわり

寒さ対策は、とにかく風を中に入れないことが大事です。特に冬の夜の風は予想以上に冷たいことがあるため、長く外を歩く場合などは、衿の高いコートやフード付きのコート、ストールなどを巻くことで首元を風から守りましょう。ストールは全体コーデのアクセントにもなりますので、心強い味方です。帽子や耳あてなどで冬の装いを楽しむのも〇!

3.足元

冬は寒さ対策として厚手のタイツをオススメします。スカートを好まれる方だけでなく、パンツスタイルにも重ね着として活用できます。また、イルミネーションを見る場合は、散歩がメインとなりますので、ある程度の時間歩いても疲れにくい靴がオススメです。

イルミネーションを見る服装

あったら良いものは?

服装に合わせ、冬の夜のおでかけに持っていると良いものをご紹介します。

カイロ

スマホ対応の手袋などもありますが、スマホを常に触りたい現代では手袋をしない人が増えてきました。手元を常にあたためるカイロをポケットに。また、貼るカイロは、お腹と背中に貼るとポカポカです。

ティッシュ・ウエットティッシュ

汚れを拭くとき、寒さで鼻を噛みたいときなど、ひとつ持っておくと安心です。

スマホのバッテリー

イルミネーションや夜景など写真を取り続けることで思わぬ電池切れになることもあります。スマホとセットで持っておくと安心です。

保湿クリームなど

リップクリーム、手のクリームなど、乾燥しがちな冬のおでかけにはバッグに入れておきましょう。コンタクト愛用者には目薬も!

テーマパークやイルミネーションは、寒い中待ち続けるシチュエーションもありますので、防寒対策はしっかりして楽しみたいですね。

2018年 アルファベットパステルのオススメアイテム

衿取り外しコート

衿取り外しコート
衿取り外しコート

イタリアのウール素材を使ったコートは、軽くて暖かいのが特徴で、フェイクファーの付け衿を外すとクルーネックになるシンプルなコートです。付け衿を付けて華やかに、取ってストールと組み合わせたりと、どんなスタイルにも合うコートです。

ウルトラライトダウンキルトジャケット

ウルトラライトダウンキルトジャケット
ウルトラライトダウンキルトジャケット

薄手のキルトジャケットは、薄くて軽くて、重ね着にも使えます。ノーカラーで首元もすっきりしていますので、マフラーも合わせやすく、冬の着回しに心づよい一着です。

チェックチェスターコート

チェックチェスターコート
チェックチェスターコート

トレンドのチェックコートは大人の方も着やすいシックなカラー展開。厚地でもスッキリシルエットのチェスターコートなのでパンツスタイルにもスカートとも、コーディネートしやすくオススメです。

起毛ニットストール

起毛ニットストール

肌ざわりが良く、やわらかい質感のニットストールです。軽いのでたくさん着込む冬でも負担になりにくく、キレイな色目がコーディネートのアクセントになります。

フェザーニット

フェザーニット
フェザーニット

柔らかいフェザーで袖口に少しギャザーを入れ、着ぶくれしない様にすっきり見えのVネックにしています。首元のVラインはイルミネーションを見終わって食事をするときなど上着を取った時のインナーとしても映えるのでオススメです。

PAGE TOP