GUIDE

結婚式のドレス着こなしや基本マナーについて

結婚式にお呼ばれした際、まず気になるのがその日の服装。
どんなドレスを着たらよいのか迷ってしまいます。
また、どんなドレスがいいのか、買いに行ってもかわいいドレスがたくさんで決めきれないことも。さらにはコーディネートは?合わせる靴は?バッグは??

そこで、結婚式にはどんなドレスが良いのか、基本の服装マナーについてご紹介します。

結婚式のドレス

結婚式の服装マナー

結婚式の服装マナーは時代によって変化しているので、本やネットに書いてあることが一概に正解でないケースもある状況です。大事なポイントをきちんと把握しておけば、迷う場合に判断できます。

大事なのは、主役はあくまで新郎新婦であること。

また、年配者から子供まで幅広い年代が参加するケースが多いため、年配の方にも配慮した服装であること。

この二点をおさえつつ、よく例に挙がるマナーをご紹介します。

結婚式のドレス
1.白系のドレスは避ける

結婚式では、白は花嫁の色。
そのため、白系のドレスは避けたほうが無難です。
また、白でなくても、淡いブルーやピンクのドレスなど、光の具合によっては白に見える場合がありますのでご注意ください。

2.黒系のドレスは差し色で鮮やかに

黒のドレスで避けたいのは、喪服をイメージしてしまう全身真っ黒なコーディネート。
上に羽織るジャケットや小物類で、見た目鮮やかにまとめましょう。

3.ストッキングの色はベージュを

黒のストッキングはスタイリッシュですが、人によってはやはりお葬式をイメージしてしまいますので、避けたほうが無難です。肌の色に近いベージュをオススメします。

4.肌の露出は抑えめに

ノースリーブタイプなど最近のデザインでは肌の露出が多いものも多いのですが、年配の方など人によっては、肌の露出を快く思わない方もいます。
新郎新婦の好感度を下げないためにも、胸元の空いたドレスや丈の短いドレスなどは避けるか、ストールなど組み合わせることで、露出量を調整しましょう。

5.派手な柄を避ける

主役は新郎新婦ですので、新婦より目立つような派手な柄は避けたほうが無難です。

6.動物系の小物に注意

ヘビ柄やワニ柄のバッグやベルト、またファーなど動物柄や革製品などの小物は、殺生をイメージすると考える人もいるため、結婚式での着用は控えたほうが無難です。
最近は、エコファーなどリアルファーでないものがたくさん出ていますので、そちらをチョイスして、秋冬時期は温かく参列するのもGood。

7.つま先の出ている履物は避ける

「妻が先に出る」という語呂合わせから、マナーNGと考える人もいるようです。

2018年 アルファベットパステルのオススメドレス

タイトワンピース

タイトワンピース

シンプルながらもエレガントさが漂う、タイトなシルエットが特徴のワンピース。
取り外しが出来るパールのネックレス付きで、別のネックレスを付けるとワンピースの表情も変わり、様々なシーンで着れます。

ロールカラーセットアップ

ロールカラーセットアップ

トップスは襟元が折り返っているロールカラーがポイント。
ノースリーブが苦手な方でも安心の袖付きタイプで、パンツはすっきりシルエットのテーパード。トレンドを押さえたシンプルなネックレスは取り外し可能です。
リラックス感がありながら、こだわりのデザインでフォーマルシーンにおすすめです。

袖フリルワンピース

袖フリルワンピース
袖フリルワンピース

透け感のある袖に、華奢みせ効果抜群のフリルがついたフェミニンなワンピースです。
シンプルなアクセサリーだけでも華やかなコーディネートに仕上がるデザインです。

まとめ

結婚式や披露宴は、自分もドレスアップできるシーンです。
思わず自分の着たい服を選びがちになるかもしれませんが、参加者全員が笑顔になるよう、服装マナーを守りつつ、普段よりちょっといい服装に身を包み、ステキにドレスアップいたしましょう。

PAGE TOP